安政元年より受け継がれた心。

創業安政元年(一八五四年)。
遠州森町にて、初代創業者久米吉が蒟蒻造りを始め、凝固剤として、普通は石灰を使うところ、木灰を使ったこんにゃくを造った。
それがおいしいと評判になって、行列ができるほどになり、当時「森蒟蒻」として有名になったそうである。
(森町変遷雑記より)
その技は代々引き継がれ、
現在五代目に至ります。

小國神社小國神社

こだわりの商品について

芋の風味、ニーズに合わせた食感等、手間暇(時間)かけて造るこんにゃくをご紹介。

商品一覧はこちら

【レシピ紹介】こんにゃくを使って、さまざまなスタイルで楽しもう!

  • トマトパスタ風
  • こんにゃくのコルドンブルー
  • こんにゃくとチキンのクリーム煮
  • こんにゃくとキムチの和え物
  • 刺身こんにゃくのあんみつ

お知らせ

久米吉より商品の情報やイベント情報などもお届けいたします。